事業引き継ぎ

中小企業の円滑な事業承継を

事業承継

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことをいいます。
中堅中小企業にとって、オーナー社長の経営手腕が会社の強みや存立基盤そのものになっていることが多く、「誰」を後継者にして事業を引き継ぐのかは重要な経営課題です。
また、事業承継は単に「次の社長を誰にするか(経営承継)」という問題ではなく、会社の経営権そのものの「自社株を誰に引き継ぐか(所有承継)」、「後継者教育をどう行うか(後継者教育)」という問題も重要です。
誰に事業を承継(引継ぎ)するのかにはついては、大きく3通りの方法があります。

 • 親族に承継する
 • (親族外の)従業員等に承継する
 • M&Aで承継する

 東北連携地域プラットフォームでは、事業承継でお困りの方へ専門家の相談員をご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい

M&A

M&A(エムアンドエー)とは『Mergers(合併)and Acquisitions(買収)』の略です。
M&Aの意味は、企業の合併買収のことで、2つ以上の会社が一つになったり(合併)、ある会社が他の会社を買ったりすること(買収)です。
M&Aの広義の意味として、企業の合併・買収だけでなく、提携までを含める場合もあります。
適切な企業間のM&Aは、譲渡企業・譲受け企業の各関係者に大きなメリットをもたらします。
「後継者問題の解決」や「業界再編に備えた経営基盤の強化」、「事業領域の拡大」などの経営者様の課題解決の実現にM&Aは有効な手段です。
M&Aは企業の「存続と発展」をダイナミックに実現させるための戦略ツールなのです。

東北連携地域プラットフォームでは、M&Aでお困りの方へ専門家の相談員をご紹介しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

譲渡企業のメリット 譲受け企業のメリット
事業承継問題の解決
企業の存続・発展と社員の成長
創業者利潤の確保と個人保証解除
必要な経営資源を時間をかけずにリスクを少なく取得して事業を開始できる

営業譲渡

営業譲渡とは、企業の事業の一部を他社に売却することを言います。譲渡する対象としては、事業体の財産・債務に加え、事業に必要な営業資産、人員、ノウハウなども含まれます。
譲渡する企業にとっては、不採算部門を切り離し、経営基盤強化を図るなど、いわゆる事業の“選択と集中”に貢献できます。
一方、買収する企業にとっては譲渡内容を当事者間で取り決めできるため、簿外債務や不良資産まで引き継ぐリスクを回避できるというメリットがあります。

東北連携地域プラットフォームでは、営業譲渡でお困りの方へ専門家の相談員をご紹介しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

事業引き継ぎに関する詳細はこちら(中小企業庁)
事業引き継ぎに関する補助金・助成金はこちら(中小企業庁)